庵久

佐賀県西松浦郡有田町泉山にあります古庵、「庵 久」(いおり ひさし)のオフシャルサイトです。
Toggle navigation

金継ぎの体験学習 Workshop Kintsugi

金継ぎの体験学習 Workshop Kintsugi

庵久では、誰でも自宅で行える金継ぎを自身の体験で学んで頂いております。プロの職人さんに頼めば完璧な仕上がりで出来てきますが、それよりも自分で行いたいとか、そこまで経費をかけれない、時間が無いので自分で行いたいなど様々な理由が有り自分で行うためにその方法を教えします。
身近な材料と身近な道具、自分なりの環境と方法で行えますが、仕上がりの方はプロの職人さんのようには行かないものの、そこは自分で行ったという自負でカバーできるかと思います。また、経験を積めば段々と仕上がりがうまくなっていきます。それは個人差がありますのでそこの所をご指導させて頂いています。
「自分で金継ぎをやりたい。」と言う人は是非ご利用下さい。

金継ぎの体験学習 Workshop Kintsugi

料金 charge

体験料:\9000~(3時間より)
追加時間料金:1時間毎¥3000
基本最低時間:約3時間は必要
作品持ち込みの場合、作品仕上げには最低3日が必要とされます。
・破損品の下地に使うエポキシ樹脂の硬化・重合さをさせる時間が約24時間必要
・金を蒔くのに使うエポキシ樹脂が硬化・重合さをさせる時間が約24時間必要
資料代 Material price
エポキシ樹脂料 Epoxy resin price:無料
金継に使用する金料金 Gold price:0.01㎡(10mm×10mm)以上 0.01㎡(10mm×10mm)毎¥1000
(目測により判断)
送料は別途頂きます。
庵久では金継には接着・塗料には本漆を使わずエポキシ樹脂「クリスタルレジン」を使用します。

金継ぎの体験学習 Workshop Kintsugi

エポキシ樹脂 毒性

反応型樹脂の毒性について
接着剤や塗料のうち化学反応を応用して、硬化・重合さをさせる者には、一定の程度の毒性があります。
エポキシ樹脂ポリウレタン樹脂のように主剤と硬化剤を反応させるほか、ポリエステル樹脂のように硬化剤と硬化剤としての触媒を用いて硬化させるものには反応型樹脂です。
酢酸ビニルエマジョン(木工ボンド)やでんぷん糊、膠のように水分が抜けて個化したり熟変性を利用したりするものは非反応型接着剤です。 塗料で言えばアルキド系のニスなども非反応型です。
一方、一液性のものであっても、空位中の水分に反応して硬化するシアノアクリレート(瞬間接着剤)のようなものは反応性をもっています
反応型接着剤には、程度の差はあっても人体への反応性、感作性があると考えられます。
ここでいう樹脂の毒性とは、接着・塗装作業中に人体に及ぼす毒性であって、硬化・養正の完了した樹脂や塗料は当然反応をうしなっており無毒であるといえます。
エポキシ系接着剤の毒性は、主剤(エポキシ樹脂)と硬化剤(ポリアミドアミン)が液状である時、つまり硬化するまでに、手袋を忘れて手に付着させ、かぶれる事があります。しかし、一旦硬化すれば、三次元樹脂となり、毒性は事実上なくなります。
エポキシ接着剤の害とはなんでしょうか?
具体的には、硬化剤(ポリアミドアミン)に含まれる低分子ポリアミンが、皮膚刺激があるために引き起こす接触性皮膚炎に対する懸念です。 これは、漆のかぶれと似ています。
エポキシ樹脂が付いた凝固した生地を削る時、マスクを装着するか、換気ファンや送風機などを使い粉塵をすいこまないように注意する。
エポキシ樹脂が付いた器具類はシンナーをふくませたティシュペーパーなどで拭き取る。もし、手や皮膚についた場合、即座に水で洗浄する。

この動画は金継ぎのマニアル的な動画「The Kintsugi」のデモ版です。

「The Kintsugi」はDVDで販売しております。
ご要望または問い合わせの方は下記のメールまでお知らせ下さい。

お問い合わせ:kintsugi@hisasih.com

金継ぎの種類としては下図のように、
・「共継ぎ」割れて離れた破片どうしをつなげる
・「呼継ぎ」似た別々の破片をつなげ形を作る。
・「ヒキ止め」ひび割れた部分をつなげ、それ以上のひび割れ進行を止める。
・「穴埋め」破片が無いところ、焼き切れで隙間が出来たりしたところなどを埋める。
・「メカケの金直し」使っているときに口縁部が欠けたところを埋めて金直しする。

金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。