庵 久 Services

ワークショップ Workshop

体験型学習ワークショップ。

金継の体験学習 Workshop Kintsugi

金継の方法を学習して頂いています。 破損品の接着から、穴埋め金の蒔き方まで指導しております。

HISASIH。SHOP

唐津焼きを中心に古今東西を含め展示しています。

鶴田純久 作品展示

唐津焼のお茶道具を中心とした作陶の作家で茶碗・ぐい呑などを展示しています。

久窯 Hisashikama

唐津焼や初期伊万里などの肥前陶磁器の食器等を作成しています。

MYT企画 MYT Planning

ホームページ制作やパソコン関連のお仕事をお手伝いしています。

GALLERY

庵久の写真や動画

庵 久 Staff

「庵 久」のスタップ Staff of "Iori Hisashi"

鶴田 美園

Cooking

調理担当

田代 美知世

Accounting

経理担当

鶴田 純久

Pottery

陶芸担当

鶴 美百合

Translator

翻訳担当

ABOUT

築116年、明治33年西暦1900年の建造物がお迎えします。

庵 久 Iori Hisashi いおり ひさし

 庵 久(いおり ひさし)は西暦1900年、明治三十三年頃に建築された古い町屋の庵です。場所は佐賀県西松浦郡有田町泉山にあり、黒髪山南麓の丘陵地に位置し、有田の中でも泉山とは歴史が古く日本磁器発祥の基盤となった泉山磁石場(磁器の原料となる陶石が採れるところで、400年前に発見され日本で初めて磁器生産が始まったとされている)があり、または大正15年10月20日、国の天然記念物に指定された樹齢1000年を超す大公孫樹が根を張る地にあります。
 庵の建物は古く、明治建築の独特な構造で有田街並みの特徴で表の間口は狭く奥に長くという格好で、一階は天井が低く二階に床の間と次の間がある座敷があります。
二階に上がる階段には現在では見かけない引き出しの付いたいわゆる「箪笥階段」を利用するという古い町屋ならではの趣があります。
 なにせ時代がたった建物ですから傾きや駆逐などが有り、新築建造物とは異なりますので多々見苦しい所が有りますがご了承願います。

Personal Info

  •   +81955 43 2764
  •   1chome-28-23 Izumiyama, Arita-cho, Saga Pref. Japan 844-0001
MAP
「庵 久」総合的サービスWorkshopなどを行っております。
Iori Hisashi

Biography

Booking information: please see our description on Airbnb, or on our Iori Hisashi page on Facebook. Our staff is fluent in both Japanese and English.
The room can be seen our website URL:http://hisashih.com/
Iori Hisashi (庵久) is located Japan’s iconic, initial porcelain-producing region. Arita is a quaint, but lively town that lies in a green mountain valley of Saga Prefecture, Kyushu. The discovery of kaolin deposits in Izumiyama was crucial for the production of Arita’s globally renowned fine porcelain-ware.
Nestled at the foot of Hanabusa Yama (Mountain), our minshuku is just steps away from the Arita Folklore Museum. A famous 1000-year old Ginkgo tree and the Upper Arita station are also within easy walking distance (see map).
The Iori Hisashi’s 115-year old, traditional Japanese house is architecturally and historically significant. Built by famed architect Kisohachi Ishi, it originally served as the dormitory for the first ceramic school in Arita, Benshugakusha (勉修学舎).
Hisashi(久) is named after his ancestor who is said to be Hisashi Matsuura(松浦 久), the founder of Matuura Faction navy in Kyushu.(松浦党)
Next to it is the Kintsugi workshop, which has evolved into a ceramic studio/workshop. Here we offer a unique, personal, and memorable stoneware/porcelain and Kintsugi workshop experience, as your individual interests will shape this workshop’s agenda. Even artisans who do not stay at our Minshuku can take advantage of these tailor-made workshops.
We welcome you to enjoy a nostalgic experience Iroi Hisashi Minshuku and to express your creative spirit in the heart of the Arita’s reknown ceramics production center.
Iori hisashi
This workshop introduces:
Potter’s wheel ・Karatsu Tataki・Karatsu Guinomi (sake cup) making ・Porcelain potter’s wheel inclusive of over 5 kilos of clay is included. Extra clay: 1000 yen/1kg
・Painting experience・Kintsugi workshop・old Imari /Karatsu connoisseur class
Workshop Fee: 3,000 yen /person/hour
*Note) Kintsugi class requires a minimum of 3 hours
For further details you may contact us at +81042749744 or you can also get in touch with email. miyuri@hisasih.com
Firing fee:
small dish 10cm: 1500yen
Dish 20cm: 3000yen
Small bowl: 2000yen
Big bowl: 4000yen
Big pot: 8000yen
*Note) shipping fee is not included.
Firing takes 2 weeks and shipping takes 1 week.

CONTACT

庵久に関してのご質問がありましたら下記のフォームより送信して下さい。ご質問によっては答えられない場合や時間が掛かることもありますのでご了承願います。

観光 Tourism

泉山の大公孫樹 Izumiyama Oicho

泉山弁財天社境内にある、樹齢約1000年を数える佐賀県内一の巨木。高さ約40m、根回り11.6mというどっしりとした佇まいで、国の天然記念物に指定されている。例年11月中旬あたりからイチョウ全体が黄金色に変わり、落葉で黄色のじゅうたんがひかれたようなロマンチックな散歩道が楽しめる。
In the Izumiyama Sarasvati company precincts, Saga Prefecture one of the giant tree to count the old about 1000. A height of about 40m, with stout appearance that Nemawari 11.6m, has been designated as a national natural treasure. Throughout the gastrointestinal from per usual mid-November will turn golden, romantic walks, such as yellow carpet was run over by deciduous enjoy.

泉山磁石場 Izumiyama Jisekiba

 この泉山に磁器の原料となる陶石が発見されたのは17世紀の初めでした。陶石とは石英粗面岩の一種で、石英やセリサイト(絹雲母)を主成分とし、鉄分の少ない所は白い色をしています。この陶石の発見によって、有田で日本初の磁器が焼かれました。
This Izumiyama of pottery stone that becomes the porcelain raw material is found in it was the beginning of the 17th century. A kind of quartz rough surface rock and pottery stone, quartz and sericite (the silk mica) as a main component, place less iron has a white color. The discovery of this pottery stone, Japan's first porcelain was burned in Arita.

有田人 ARITAJIN

www.aritajin.com
有田人情報
佐賀県有田町の観光名所・人・イベント等を紹介するサイト
Aritajin information.
Saga Prefecture Arita-cho attractions, people and sites to introduce the events, etc.