庵久

佐賀県西松浦郡有田町泉山にあります古庵、「庵 久」(いおり ひさし)のオフシャルサイトです。
Toggle navigation

◇金継ぎ Kintsugi

 本来、金継ぎとは破損した陶磁器やガラス・漆器などを修復し復元するためやひび割れた部分などの水漏れと進行を防ぎ、欠けた部分を穴埋めしたり、さらに修復された部分を美術的な観点より金粉を蒔くことを言います。
昔は金具の鎹で止めることから始まり、日本では古くから漆による工芸が発達していました。ヨーロッパでは「Japan」と漆の代名詞になるほどで、その手法を取り入れ接着やコーティングし金を蒔くという風に発展したのだと思います。
金を蒔かずに着色料で疑似塗装を行うことを金継ぎと判別して共修理・共修復と言われていました。
また、金は体に無害とされ古くより他の金属と区別し、食事や喫茶など口にする器などに多く使われているようです。

金継ぎ種類としては下図のように、
・「共継ぎ」割れて離れた破片どうしをつなげる
・「呼継ぎ」似た別々の破片をつなげ形を作る。
・「ヒキ止め」ひび割れた部分をつなげ、それ以上のひび割れ進行を止める。
・「穴埋め」破片が無いところ、焼き切れで隙間が出来たりしたところなどを埋める。
・「メカケの金直し」使っているときに口縁部が欠けたところを埋めて金直しする。

◇金継ぎの歴史

馬蝗絆

 その昔「馬蝗絆」という茶碗がありました。その茶碗は平重盛が12世紀の時代に中国の人より贈られました。
その後、室町時代15世紀に将軍足利義政の所有となります。足利義政はその茶碗の底にひび割れがあったので、これに代わる茶碗を求めて中国に送りました。中国ではこのような優れた青磁茶碗は今は無いとのことで、その茶碗のひび割れを鎹(かすがい)で止めて日本に送り返してきました。
これが焼き物を修復し復元させるという発想の原点と伝えられています。

金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
金継ぎの種類 PHOTO
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。